ハミルトンの故障でお困りでいらっしゃいますか?

初めまして。ハミルトンのための修理工房の近藤(こんどう)と申します。本日は、ハミルトンの故障でお困りでいらっしゃいますか?あるいは、定期的なオーバーホールをご検討でいらっしゃいますでしょうか?私たちハミルトンのための修理工房は、その何れにも対応できる体制を整えて、お客様からのご相談をお待ちしております。

具体的な修理サービスをご案内差し上げる前に、まずお断りしてかねばならないことがあります。まず、私たちハミルトンのための修理工房は、ハミルトンの公式な修理サービスではなく、株式会社会社修理工房が提供するものということ。それはつまり、必ずしも確実に修理をお約束するものではなく、出来る限りの対応をご提案し、お役に立ちたいという立場にあることをご理解ください。

私たちには、
年間4,800の修理実績がございます。

その代わり、公式なサービスよりも安価で、スムースに対応できる可能性がございます。この辺りは修理サービスの詳細をご覧いただければ幸いです。私たち修理工房グループは、おおよそ日に20本以上、ハミルトンに限ることなく、お客様から大切なお時計をお預かりして、絶えず修理方法のご提案と、お見積もりを差し上げております。

私たち時計修理工房はハミルトンをはじめロレックスやオメガなど、年間通じて4,000以上ものお時計を通じて、多くのお客様とお付き合いをさせていただいております。これほどやり甲斐があり、楽しい仕事はないと考えております。

ハミルトンを修理できる、
ハミルトンも修理できる。

話が逸れてしまいましたが、要するにこのホームページは、ハミルトンしか修理できない、のではなく、ハミルトンも修理できる修理工房が、お客様のお困り、お悩みのことを解消するために作成したものです。その点について、すこし申し訳ない気持ちにあることを、正直に告白させていただきます。どうか、お許しくださいませ。

修理のサービス一覧

オーバーホール

ハミルトン社が製造する機械式の腕時計をお持ちなら、「オーバーホール」という言葉をご存知か、聞き覚えがおありではないでしょうか。これは日本語で分解修理と申しまして、時計内部の回路(ムーブメント)をばらばらにして、専用の機械と液剤によって洗浄、そして油(グリス)を注しながら組み立て直す、一連の工程を表しております。[ 続きを読む… ]

リューズの交換

私たちハミルトンのための修理工房に、最も多く寄せられる修理のご相談は、脱落や、折れによって損なわれたリューズの機能を取り戻す作業です。この多くは、純正部品を用いて取り替えることになりますけれども、ごく稀にパーツの入手が叶わないこともございます。[ 続きを読む… ]

ガラス(風防)の交換

お客様がお持ちのハミルトン、もしやガラスにヒビが入ってしまいましたか?ついうっかり、落としてしまったとき、ぶつけてしまったとき、ガラス(風防)に傷付くならまだましです…。もしヒビが入ってしまったときは、できるだけ早いうちに、私たちハミルトンのための修理工房にご相談ください。[ 続きを読む… ]

遅れ/進みの解消

ハミルトンに限らず、機械式の腕時計は「生き物」と称されることがございます。持ち主の扱いや気持ちに呼応するようにして、時を刻むペースが変化することは、お客様もよくお分かりのことと存じます。一方、ハミルトンほどの機械精度であれば、さほど日差も生じないかもしれません。[ 続きを読む… ]

ベルトの交換/調整/修理

お客様がお持ちのハミルトン、もしかして腕に合っておりませんか?あるいはベルトそのものを交換をご検討中でいらっしゃいますでしょうか?私たちハミルトンのための修理工房は、機械式の腕時計に備わる金属製、革製のベルトの修理や交換、コマの脱着などの調整も承ります。[ 続きを読む… ]

針の修理/調整

ごく稀に機械式の腕時計は、秒針や分針などか脱落してしまうことがあります。また強い衝撃を与えてしまった時に、勢い余って針が曲がってしまい、さらに他の針に干渉してしまうこともあります。じっさい、私たちハミルトンのための修理工房にも過去何度か、このような症状に至ったお時計をお預かりしてまいりました。[ 続きを読む… ]

ハミルトンの受付実績をご覧くださいませ。

私たち時計修理工房が、創業以来お客様から寄せられたハミルトンのお問い合わせの件数を一覧にいたしました。月により変動はございますけれども、おおむねご覧の数字の通りにございます。(この件数のなかには、オーバーホールなどメンテナンスや、ガラス交換、ゼンマイ交換などの修理、ベルトの交換や電池交換なども含まれます。)詳細なご報告はブログ「時計修理の日々」をご覧くださいませ。

  1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年     0 0 1 3 2 6 4 10 3 9
2013年 17 16 13 15 19 15 26 18 20 9 13 5
2014年 13 7 15 11 16 20 13 20 23 16 11 12
2015年 13 7 9 6 15 14 15 19 15 8 13 12
2016年 16 11 13 10 16 24 19 21 18 17 26 16
2017年 15 18 10 15 17 14 14 15 17 15 19 19
2018年 16 22 17 10 27 20 19 22 12 6 16 14
2019年 7 12 13 7 15 14 22 22 20 17 19 21
2020年 18 25 20 23 27 20 25 23 21 31 26 24
2021年 22 26 25 17 28 22            

ハミルトンの修理実績です

1.バックル交換 8,000円

ご要望:3年前に購入、バックルのバネが折れていると他店で言われた。
止めてもすぐに外れます。
ご提案:バネが破損している状況でございました。
構造上交換できないバックルでございました為、交換をご提案致しました。

 

2.オーバーホール 28,800円 ゼンマイ交換 3,000円

ご要望:7年前に購入してからメンテナンス歴はありません。
動作が遅れるので、オーバーホールを希望します。
購入時と比べると、稼働時間も短いです。
ご提案:お時計内で使用される機械油が劣化していることで、動作に負荷が掛かり、
持続時間の低下、遅れが発生しておりました。
どちらもオーバーホールで改善できる症状でございますので、
オーバーホールと合わせ、消耗していたゼンマイの交換をご提案致しました。

 

3.オーバーホール 23,000円

ご要望:動作が停止してしまいました。
ご提案:機械油の減少により、負荷で停止しておりました為、
メンテナンスのオーバーホールをご提案し、改善致しました。

 

4.機械止めネジの取り付け及び点検 6,000円

ご要望:購入から7年程経過します、いつの間にか止まっていました。
ご提案:内部を検査したところ、機械止めネジという部品が緩んで外れてしまっており、
お時計の整合性が崩れ動作に影響しておりましたので、再取り付け及び点検をご提案致しました。
大事に至っておらず、安心しました。

 

5.オーバーホール 28,800円 ゼンマイ交換 3,800円 角穴車交換 2,000円 キチ車交換 2,000円

ご要望:時刻操作を行うリューズが浮いて、空回りする状態です。
これまでリューズの動きが固い状態がつずいていました。
7年~8年前に購入して、3年前にオーバーホールを実施しています。
ご提案:内部部品の摩耗及び歯欠けによりリューズの動作が重くなっている状態でございました。
改善のためには内部部品の交換が必要で、交換工程上お時計を分解する必要がございましたため、
オーバーホール作業を合わせて行う必要がございました。

 

6.電池交換 3,000円

ご要望:動作が停止しました。
電池交換で動くか検査してください。
ご提案:弊社はテスト用の電池を入れさせて頂き、
電流の検査、動作確認を行わせて頂き、異常がなければ、
電池交換、異常が見受けられる場合はお知らせをして、修理をご提案しております。
この度は異常が見受けられませんでした為、電池交換のみをご提案致しました。

 

7.針修正及び取り付け 4,500円 内部部品修正 6,000円

ご要望:動作しません、針が12時位置からずれています。
ご提案:針の緩みにより位置ずれを起こしておりました為、
修正及び取り付けをご提案致しました。
また、内部部品が外れたことにより動作不良を起こしておりました為、
合わせて修正及び点検をさせて頂き、改善致しました。

 

8.ガラスの取り付け 4,000円

ご要望:時刻操作時にガラスが外れてしまいました。
ご提案:本来の接着方法で再接着致しました。

 

9.リューズ修理 8,170円 巻真交換 2,200円

ご要望:リューズが破損しました、修理は可能ですか?
ご提案:巻真が折れてリューズが外れておりました為、リューズに折れ残った巻真を除去して、新たな巻真のお取り付けをご提案しました。

 

10.針修正及び取り付け 5,800円

ご要望:落下した際に針が外れました。
ご提案:衝撃により針が外れております為、修正及び再取り付けをご提案致します。

 

弊社のスタッフを紹介させてください

年間6,000本以上の時計を預かり、確実に修理やメンテナンスをしてお届けをするには、私1人だけでは人手が足りません。そのために、時計修理の専属スタッフを雇用して、安定したサービスに努めています。

 

近藤

 

初めまして、時計修理工房 店長の近藤と申します。何卒宜しくお願い致します。
私は、見積りを整え、お客様にご案内する業務を中心に、大切なお時計をより安心してお任せ頂けるよう、実績やサービスの向上に努めております。
修理の不明点などございましたら、工程を事細かく説明を致しますので、お問い合わせください。
また、愛知県名古屋市の本社窓口に在籍しておりますので、窓口にいらした際には是非直接ご挨拶させて頂ければ幸いでございます。
お時計がお好きな男性のお客様は、お車がお好きな方が多くいらっしゃいます!私もその一人でございまして、休日は趣味の車を車庫から引っ張り出し走りに繰り出す事も…。
お車がお好きなお客様は、大切なお時計のお話と共に、ご愛車のお話も是非お聞かせ下さい。

 

 

スタッフの柴野です。
幼い頃より懐中時計を眺めるのが好きでして、祖父の所持していたシンプルかつ実用的なオープンフェイスから始まり、現在は観賞用としてフルスケルトンを愛でております。
ゼンマイが巻き上がるところも全て魅せ、楽しませてくれます。
今後は更にお時計の知識を深めるとともに、お客様からも様々なことを学ばせていただきたいと存じます。
そして、少しでもお役に立てますよう、お時計への想いを大切に、お客様の笑顔をたくさん拝見できますように頑張りますので、ご指導・ご愛顧の程どうぞ宜しくお願い申し上げます。
頼りになる職人が揃っておりますので、どのようなことでも、お気軽にご来店・ご相談くださいませ。

 

三島

 

スタッフの三島です。
静岡県浜松市に生まれ育ち、名古屋に移り住んでから早10年以上経過、今はではほぼ名古屋人となってしまいました。好きな名古屋めしは、味噌カツときしめんでございます。最近好きなラーメンは横浜家系ラーメンです。
昔から機械を使うのも好きでしたので、複雑な歯車の組み合わせで動く機械式時計や多機能なクオーツ時計を扱うのも例外ではなく、日々様々な時計と出会う事ができ楽しく働いております。
また国内外のブランド(時計メーカーに限らず)やその歴史が好きですので、私のブログは、それらに触れる内容が多くなっているかと思います。
お客様の想いの詰まったお時計をいつまでも快適にお使い頂けるよう、お力になれば幸いでございます。
お目にかかる機会がございましたら、どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

Top